忙中ニコマスあり

アイドルマスター徒然

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一時間SS参加作品 

・欲



 座って下さい。


「はい」


 椅子以外には何も用意されていない。
 
 ただ、座る四条貴音だけが観測される。

「無欲なものは、王ではありません」


 そう、彼女は切りだす。


「手に入れるから王であり、手に入れたいと願うものが王となるのです」



 言葉は果たして誰に向けられたものか



「では、私は? 私は何をこの手にしたいというのか」



 胸に手を当て、目を閉じる。そしてゆっくりと、自らに投げた問いに答える。



「……見てみたい」



「私が与えることができるという『希望』を受け取った人々を」



「その者達が、いったいどのような眼差しを私に向けるのか」



「私は、『希望を与える王』である実感が、欲しい」



「この胸に宿る、役目への想いがまことのものであるか、確かめたい」



 ふいに、表情が曇る。



「ただの一人でも、それを信じて欲しい、わかって欲しい」



 知らず、彼女は椅子から立ち上がっていた。

 彼女だけを照らす光は強く、目を細める。



「本当に、私に、できるのでしょうか……?」



 数多の欲を叶えんとする彼女は成程、王であり、

 王故に、まだしばらくの間、孤独にそれらと向き合う必要があった。



・欲   了




企画元サイトはこちらです。 http://ss1hour.wiki.fc2.com/





( 2010/04/24 00:24 ) Category SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。