忙中ニコマスあり

アイドルマスター徒然

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一時間SS参加作品 

・曇天



 きっかけすら、なかったのだ。彼女と私の間には。

「では、これにて失礼いたします」

「あっ……」

「まったくこっちはギリギリだってのに、涼しい顔で勝ち上がってくなあ」

「届きません、ね……」

「へこたれんなよ~」

「……」

 
 アイドルオーディションの中でも最大手である、アイドルアルティメイト。

 
 彼女との控室でのわずかな会話ですら、プロデューサーが間にいないとできない。



 話したい。

 きれいな、存在自体が宝石のような彼女。

 彼女のようになりたい、とか、アイドルとして尊敬すべき、とかではない。

 その美しさに手を伸ばして、触れたくなる。暴力的に押し寄せる情動。

 
 こんなこと、プロデューサーにはとても相談できない。


「競い合うアイドル」の間柄なんて、とっくに崩壊しているなんてこと!


 ただ、触れるきっかけを求めて、私はオーディションを勝ち抜いているだなんて。


 だというのに、

 前に進む勇気が出ず、ただ、その背中に視線を投げることしかできずにいた。







 その日は昼間から雲が厚くかかり、心持も重くなるような天が広がっていた。

 暦の上では満月の頃。月のある方向の空もぼんやりと光るだけ。


 その日のオーディションも、私は勝った。

 勝者は去らなくていい。同じく勝者である彼女との時間を共にすることができる。



 彼女は会場から控室に向かう廊下の途中で、窓の外から空を見上げていた。

 控室にいるものだと思っていた彼女が立ち止っている。プロデューサーは控室。


 私一人では、こんなダメダメな自分では、この場もなにかができるわけでもない。

 
 心の準備もできていない私なんかは、彼女の輝かしさに灼かれてしまう。

 ギュッと目を閉じ、通り過ぎてしまおう。
 控室で落ち着いて、きっかけを作ればいいじゃないか。



「今日は、月が見えませんね」

「ひゃっ」


 
 背中に掛けられた声に思わず悲鳴があがってしまった。

 その悲鳴を気にせず、彼女、四条貴音は続けた。

「せっかくの満月の夜ですが。あれだけ厚い雲では望むべくもありません」

「ははは、はいっ し、四条さんはお月さまが好きなんですかっ」

「はい」

 続いた! 会話が!

「いざ『そこにあるのに見えない』と、心が揺らぎます」

「そ、そうですか」

「はい。見て美しい月も、一たび隠れてしまえばその姿は心のうち」

「は、はあ」

「心のうちの美しさは、果たしてまことに見える月にふさわしいのか、不安になるのです」

「心の、うち……」

「では、ごきげんよう」

「あっ」

 するりと去っていく彼女。


 これは、きっかけだ。月を隠す曇天がもたらした、私と彼女とのきっかけ……。

 
 なのに、


「ぜんぜん、特別な感じ、しないなぁ……」


 届かない、届かないと思い込んでいた彼女との距離。
 なんてことはない。ほんの少しの不安を打ち明けるだけで霧散する距離。

 
 彼女という月が見えない曇天の向こうにあるから、
 心のうちの美しさでしか見ていなかった私。




 
 通路に立ちつくす私にそそぐ光は、もちろんない。






・曇天     了



企画元サイトはこちらです。 http://ss1hour.wiki.fc2.com/
( 2010/04/03 00:10 ) Category SS | TB(0) | CM(5)
雪歩と貴音のアイドルアルティメイトは面白いですよね。
シナリオの妙、というとおかしいですが、キャラの性格と合わせて、
「ああ、こういう展開もアリなのか」と驚いた記憶が。

劇中の雪歩もとても繊細で、健気で、魅力的でした。
なんとかしてやりたいけど、うーん、難しいかなぁ。
Pと上手く二人三脚で、がんばって欲しいです。
最後の一文と、そこまでの心理描写が、とても、切ないです。
[ 2010/04/03 14:09 ] [ 編集 ]
誰だろうこの子?と思いながら読み始め、もしかして?と途中で気付き、ああ、やっぱり雪歩さんでした。
ふわふわとした一人称にも関わらず、ぐいぐいと読んでしまいました。そうか…雪歩さんからみたアイドルアルティメイトはこういう風に映っているのかと、妙に納得してしまいました。
ちょっとラブコメのようで、ちょっとシリアス、その間にあるような雰囲気ですね、素敵です。
素晴らしいSSをありがとうございました!
[ 2010/04/03 23:41 ] [ 編集 ]
貴音は貴音で雪歩のことをどう意識していたんでしょうか、なんだかその心のうちへと思いふけってしまう作品ですね。
この先雪歩はそこをどう乗り越えて空を晴れさせるのか、しかしそうなってしまうと貴音が…うーん、SPと重ねあわせて考えると単純に雪歩がんばれ!とは言いにくく…><;
考えさせられる作品、でも素敵な作品を読ませていただきありがとうございました^^

あと、こちらのブログを自分のブログからリンクさせてもらってもよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。
[ 2010/04/04 01:11 ] [ 編集 ]
お読みいただきありがとうございます

>ガルシアP
明確な対立キャラがいるSPはとても面白いですよね!
貴音さんもいるし(重要)

>小六さん
女の子→女の子の感情というのは普段の何倍も頭回さないとでてこないことを痛感しましたw

>coroさん
できたものは「ゆきたか ややBAD」でした^^;
このルートは曇ったままな気がします。たまにはそんなのも、ってことで。

リンクはおkっすよー。こちらも貼ります~。
[ 2010/04/04 02:11 ] [ 編集 ]
リンクの件、ありがとうございます!
これからもよろしくお願いいたします^^
[ 2010/04/04 15:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。