忙中ニコマスあり

アイドルマスター徒然

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qを見てきました。 

なんといってもエヴァは自分がちょうどシンジ君達と同じ年の頃に放映していた、ということもあり思い入れもひとしお。

TV、旧劇場版を観終わり、その年の頃にはさっぱり受け止められなかった人も多いんじゃなかったでしょうか。自分もそれなりに年を重ね、ミサトさん達の年齢になり、少しは受け止め方も確立できるようになった頃に、新劇場版が始まりました。

破を観終わった時、「これは本当にあの頃みたエヴァなのか?」と思うくらい、ワクワクしてでスパッと爽快な後味さえ感じる作品内容に、あの頃もやもやしていた14歳の私の幻影が「ええんやで(ニッコリ」と消えていくのを確かに見ました。やっと新しいステージに進んだのだ、と。

そんなこんなでQ上映当日を迎えた日の感想をツラツラ書きとめておきます。ネタバレ有です。

ステージ進みすぎィ!

シンジ君の記憶は本当に破ラストで綾波を助けた達成感のまま14年も眠りについていたのね……そっからシンジ君をサルベージして、初号機をヴンダーに組み込まないと飛べなかったわけだから、冒頭の初号機強奪から目覚めるまでも結構時間経ってるんでしょうね。

上映前日、破のTV放送で盛り上がるツイッターではQに対してあれやこれやとネタつぶやきがうずまいていた訳ですが、まあ次はN-ノーチラス号だな」みたいネタがド直球でご丁寧にナディアのBGM付きでブチ込んでくれるとは最高です。ミサトさん艦長で、ガイナ立ちで、帽子もトップをねらえ系のやつかむってて、ネモ船長をクルーに従えてる(中の人つながり)とかもあいまってパーフェクトです満貫です。ヴンダーかっこいい。「LCLガス注入」とか行ってたから艦の内部も変態機動に耐えられる状態なのかな。グルングルン回ってもガイナ立ちを維持できる!

目覚めたシンジ君がブリッジらしきところに運ばれた際の「一体どういうことだ……」というシンジ君にシンクロする気持ちと「これはもしや……くるか……きちゃうのか……きたwwwwwwwwww」という気持ちの盛り上がりで心臓が跳ね上がりました。

そして14年という時間に取り残されたシンジ君の疎外感たるや、状況がわからないなりも「初号機で出ます!」と宣言するところなんかはまさに破ラストを踏まえた男になっている……のだけれども、歳月はそれを許さない。あれだけ自分を鼓舞してくれたミサトさんから冷たい扱いを受けてしまうことで受ける衝撃は観ているこちら側と完全にシンクロします。

トップをねらえ!なんかだとノリコは自ら時間に取り残されることを選んで行き、寂しさを覚えつつも周りも同じように気持ちを理解してくれる背景がありました。シンジ君はまったく意図せずに14年をスキップしてしまい、その溝は一向に埋まる感じがありません。追い込まれて視野が狭くならざるを得なくなってくるシンジ君と、それを「ガキ」と一蹴するアスカ。かつての関係性はもう微塵も無くなってしまったんだな、というところはちょっと寂しいですが、そういう感想を覚えることも当然計算されている映画でしょうこれは。

アスカとマリは終始タフです。
パンフレットのキャストインタビューでアスカ役の宮村優子さんは庵野監督に「アスカはもうプロの傭兵なんだ」というアドバイスを受けたらしいですが、まさに戦闘のプロ。ただひたすらにマリとやいのやいのと言い合いながらもコンビで死闘を切り抜けていく姿は14年という歳月がどれだけ苛烈だったのかを思わせる描写でした。外見年齢は変わらないものの、アスカもまたシンジ君やレイという子供を引っ張っていく立場にシフトし大人組として物語に関わっているところは非常に印象的でした。マリなんかは「ゲンドウくんの狙いはこれか!」という台詞からさらに中身は大人らしくブレようがない。

レイもまた、破で助け出されたオリジナルではないレイが登場する。
三人目どころじゃないのかもしれない。物語の大半がシンジ君を揺れ動かすことに集中しているのだけれど、レイに少しだけその波紋が影響しているのですね。我々から見て分かりやすく「可愛げがある」ように描かれることはなかったけれど、ほんの少し命令を待つだけの存在から変化の兆しをみせている。ラストシーンでアスカとシンジについていくところなんかは、「さっぱりわかり合えないけど旅のお供になるマスコットキャラ」みたいな目線でみていました。あと映画一本分しか時間はないけど、このレイとシンジのふれあいにも何か希望が欲しいです。

満を持して登場したカヲル君。
シンジ君と仲良くなって、幸せにする為の方法を提示するも、思惑が外れてしまいました。TV版よりもグッと志半ばで自身が潰えてしまうことへの寂しさがあったように思えます。本線の映像だとかっこよくエヴァ操縦するカヲル君っていないんだよなあ。せっかくのダブルエントリーシステムだったけど本当に儀典仕様でロボットものとしての燃えには使わない、この辺も「エヴァらしい」と感じる部分でしょうかドラゴンボールの天津飯みたいに四つの腕で弐号機を追い詰めるとかしてほしかった。

個人的な感想としては、もうちょっと地に足のついた世界で物語が進んで欲しかったな、というのもあります。旧劇場版でも感じていたことだけれど、あ んまりにも人類と文明が無くなってしまった舞台というのは生理的な不安感から逃れられず、「勝利」したとしてその先帰る場所ってのは何?という実に小市民 的な思いがよぎってしまうわけです。この辺の不安は全部今回のシンジ君が代弁してくれたわけですが(笑) ほんとにどんだけ残ってるんだろうあそこの人 類。

ただ、TV、旧劇場版を体験している身からの感想としては、ここまで追い詰められた状況にまだまだ希望があることを示したことに不思議な充実感を覚えています。破で「これは本当にエヴァなのか」と驚きながらもそのエンタメぶりに喝采を送り、Qにおいて「ああエヴァだな」という感情を一旦経てから「でもやはりこれはステージが進んだエヴァなのだ」とラストシーンを見て思ったのです。「終劇」じゃあない、「つづく」のだ。それを踏まえておかないとQの感想は思うように展開しないかと。

今からシン・エヴァンゲリオン劇場版:||が楽しみです。





14歳の私の幻影「よろしくニキーwwwwwwww」
復活しやがった。










( 2012/11/18 15:44 ) Category よしなしごと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。